CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年 (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from all about noma chan. Make your own badge here.
ARCHIVES
PROFILE

-PRICELESS-
アユミ、トルコヘノミチ

<< ただいまわたし。 | main | 風の人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
卒園文集

3年前

心が休まる園庭と、

人懐っこい子どもたちの走り回る姿、

当時の園長ノブ先生の強い信念を垣間見、

園の外にさりげなく掲げられる看板に

ここならきっと楽しめるというなんとなくの感覚で

しがみついて離れようとしない息子の手を離し、先生に託した。

 

彼の園での生活を全部知りたい、全部見たい気持ちはあるけれど

ここからが彼の一人の人生の始まり。

そっと様子を見させてもらった3年間。

 

彼は気の合う友達を自分で見つけた。

いつの間にかその子の名前を聞かない日はなかった。

子犬のようにじゃれあう二人を見ていると、

幸せの原点ってこれだな、って教えてもらった。

自分で見つける。

自分でつかみ取る。

 

彼はパパと作った竹馬を何度も何度もマメをつくって

お風呂で痛がりながら、

それでも何度も練習して

運動会の日にはだれよりも高い竹馬に乗って川を渡った。

竹馬の練習をしなさい!じゃなくて

竹馬に乗りたい!が、すべて。

彼の努力の原点を見た。

 

幼稚園をずる休みして遊びに行った帰りに、

あー今日はみんなでしっぽ取して遊ぶ日やったのになー

って。

いちご狩りも行きたかったけどしっぽ取りもしたかってんなーって。

明日は絶対行く!って

 

幼稚園で食べたきんかんの種、みんなの分もらって帰ってきて

家のプランターに、おおきくなるんだよーって話しかけながら

植えていた。

 

そんな一つ一つに幼稚園に、出逢えたお友達に感謝しない日はないです。

 

はじめ君へ

あなたは大丈夫!そのまま前へ進めば大丈夫!

何度こけても立ち上がれる強さを持ってるって知ったよ。

大丈夫!いざ進もう!

 

 

保育方針

「あれができる、これができるということではない

すべてを忘れて遊び惚け

新しがり屋の珍しがり屋、できないくせにやりたがる

そんな子でさえあれば素晴らしい

 

四季の自然の命にふれて日がな一日群れ遊ぶ

自然の変化に感応しつつ感性に従い行動する

 

二度とない幼児期にふさわしく充実の命を生きる

 

これからの人生を自分のものと感得し

個性豊かに生きるため

習慣や目に見えない基礎を今のうちにしっかりと

自らの力で自らの内に築く

 

私たちはそのための援助者に過ぎない」

 

                             森の子ら幼稚園HP保育方針より抜粋

 

| 子育てdays | 12:28 | comments(1) |
スポンサーサイト
| - | 12:28 | - |
コメント
本当に、久しぶりです。
お元気そうな歩ちゃんに、コメントを通して、逢えたらような、気がします。

ありがとう。
| kanaepapa | 2018/03/08 4:48 PM |

コメントする